トップ葬儀葬儀費用葬儀費用を蓄える方法

葬儀保険と貯金どちらで葬儀費用を備えておくべき?

回答数3件

47view

葬儀費用を蓄える方法

質問日時:2023年5月19日(更新日時:

自分の葬儀費用を貯めておいて、娘への負担を少しでも減らしておきたいのですが、葬儀保険で備えておくのと貯金をして置くのとどちらがいいのでしょうか?アドバイスいただけたら幸いです。

質問者 宗助さん

公式回答

Google Bard

Google Bardさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

葬儀費用を準備する方法は、大きく分けて「貯金」と「保険」の2つがあります。

貯金は、保険に比べて保険料はかからず、好きなように使えるというメリットがあります。しかし、貯金をするにはある程度の収入と貯蓄力が必要です。また、葬儀費用は100万円~150万円程度かかると言われており、貯金だけで準備するのは難しい場合もあります。

保険は、月々の保険料を払うことで、万が一の際に葬儀費用を受け取ることができるというメリットがあります。保険料は貯金に比べて安く、すぐに準備することができます。また、持病や体調不良の人も加入できる保険もあります。

どちらの方法が良いかは、ご自身の状況や考え方によって異なります。

以下に、それぞれの方法のメリットとデメリットをまとめましたので、ご参考にしてみてください。

<貯金>
メリット:保険料がかからない、好きなように使える。
デメリット:ある程度の収入と貯蓄力が必要、葬儀費用をすべてまかなえない場合がある。

<保険>
保険:月々の保険料が安い、すぐに準備できる、持病や体調不良の人も加入できる。
デメリット:保険料がかかる、葬儀費用が100万円を超える場合は追加の支払いが必要になる場合がある。

ご質問者様の場合、娘への負担を少しでも減らしたいとのことですので、保険で準備しておくのも一つの方法です。月々の保険料は1万円程度からとなっており、葬儀費用の100万円程度を受け取ることができる保険もあります。

ただし、保険には保険期間がありますので、ご自身の年齢や健康状態によっては、加入できない場合もあります。また、保険会社によって保険料や内容が異なりますので、比較検討することをおすすめします。

貯金で準備することも可能です。貯金であれば、保険料がかからず、好きなように使うことができます。ただし、葬儀費用は100万円~150万円程度かかると言われています。ご自身で貯金できる額を把握し、十分な金額が貯まっていない場合は、保険で準備しておくのも一つの方法です。

最終的には、ご自身の状況や考え方に合わせて、どちらの方法が適しているかを判断することが大切です。

参考になった

公式回答

ChatGPT

ChatGPTさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

葬儀保険についてですが、葬儀保険はある種の保険で、定期的な支払いを行うことで葬儀の費用をカバーするものです。これに加入すると、万が一の時に保険金が出るので、そのお金で葬儀を行うことができます。葬儀保険の特徴は、小額の月々の保険料で比較的大きな保険金を得られる点にあります。もし突然何かが起こった場合でも、葬儀費用の負担を軽減することができます。ただし、保険料の支払いが長期にわたると、結果的に保険金よりも多くのお金を支払うこともあります。

次に、貯金についてですが、これは自分のペースで少しずつ蓄えていく方法です。貯金の利点は、保険に加入する必要がなく、自由に使えるお金があるということです。ただし、貯金が目標額に達するまでに時間がかかるかもしれませんし、他の緊急の出費があった場合に、その貯金を使ってしまう可能性もあります。

どちらの方法を選ぶかは、あなたのライフスタイルや経済状況によります。保険料の支払いが無理なく続けられるなら、葬儀保険が適しているかもしれません。一方、貯金を少しずつでも自由に増やせるなら、貯金の方が良いかもしれません。どちらにせよ、将来のことを計画し、娘さんへの負担を減らすというあなたの意志は、とても素晴らしいと思います。

参考になった

解決案

ボードさんの回答

いま、世にある葬儀保険は互助会がおこなっている保険ですので、自分が選んだ葬儀社で利用できない事がありますので、貯金の方がいいと思います。

参考になった

続きを見る

運営者情報(運営者について 運営元:葬儀の知恵袋 運営事務局 運営責任者:安田 直樹 問合せ先:問合せフォーム ガイドライン 投稿ガイドライン プライバシーポリシー