トップ葬儀葬儀費用不十分な費用説明

葬儀社とのトラブルを防ぐには?

回答数2件

52view

不十分な費用説明

質問日時:2023年4月26日(更新日時:

父親が亡くなり葬儀社に依頼したのですが、トラブルが発生しました。葬儀代金についての説明が不十分で、予算を超える金額を請求された上に、葬儀の内容についても事前に相談した内容と異なっていました。(祭壇の大きさとか棺の種類が打ち合わせと違ったり、料理の数が圧倒的に足りなかったりと)今回は仕方ないとしても、次回以降このようなトラブルを未然に防ぐために、事前にどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

質問者 どあんりさん

経験談

S.Uさんの回答

この回答に1人が高評価を付けています。

昨年亡くなった祖母の近所の葬儀社に依頼しました。最初の相談時には、担当者の対応がとても親切で、安心してお任せすることができましたし、見積りも出され、納得して進めることになりました。

しかし、葬儀が終わった後に請求書が届いたところ、見積り金額よりもかなり高い金額が請求されていました。驚き、葬儀社に問い合わせをすると、「火葬場の費用」と「葬儀場の費用」が追加で発生したとの説明がありました。

「そんな説明はされていない」と言うと、それらの費用は葬儀社からの請求ではなく、それぞれの施設管理者からの請求であり「葬儀社としては見積もりに入れる必要はない」とのことでした。確かに理屈としては、葬儀社として見積もりに入れなくても良いかもしれませんが、サービス業としての配慮が欠けていると思います。

相談時にとても親切で好印象だった担当者に対して、非常にショックを受けました。結局、火葬場や葬儀場の費用を支払いましたが。。。後で知ったのですが、同じような経験をした方もいたとのことで、事前に情報収集をもっとしておくべきだったし、もう一社ぐらい相談しておけば、と後悔ばかり残ります。

参考になった

公式回答

ChatGPT

ChatGPTさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

大変な状況でトラブルが発生したこと、お気持ちお察しします。

次回以降、葬儀に関するトラブルを未然に防ぐために気を付けるべきポイントは以下の通りです。

1.葬儀社選び: 口コミや評価を調べ、信頼できる葬儀社を選ぶことが重要です。また、複数の葬儀社から見積もりを取ることで、適切な価格やサービス内容を把握しやすくなります。

2. 予算の明確化: 予算を事前に明確にし、葬儀社に伝えることが大切です。それにより、予算内で適切なサービスが提供されるようになります。

3. 打ち合わせの重要性: 葬儀の内容について、事前に葬儀社と詳細な打ち合わせを行い、確認事項や要望を伝えることが重要です。打ち合わせの際には、祭壇の大きさや棺の種類、料理の数など具体的な内容を確認しましょう。

4. 契約書や見積もりの確認: 葬儀社との契約や見積もりをしっかり確認し、内容や金額が正確であることを確認しましょう。また、契約書にはキャンセルポリシーや追加料金が発生する場合の条件も記載されているため、よく読むことが大切です。

5. 葬儀当日のチェック: 葬儀当日になるべく早く会場に到着し、打ち合わせ通りの準備がされているか確認しましょう。万が一、準備が不十分な場合は、葬儀社に対して指摘して修正を求めることが大切です。

6. トラブル発生時の対処法: 万が一、トラブルが発生した場合は、まず落ち着いて葬儀社と話し合い、解決を試みてください。それでも解決しない場合は、消費者センターや弁護士に相談し、適切な対応を行いましょう。

これらのポイントを意識して、次回以降の葬儀の際にはトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。葬儀は大切な方を送り出す大切な儀式ですので、細心の注意を払って準備することが大切です。

参考になった

運営者情報(運営者について 運営元:葬儀の知恵袋 運営事務局 運営責任者:安田 直樹 問合せ先:問合せフォーム ガイドライン 投稿ガイドライン プライバシーポリシー