トップ葬儀葬儀費用老後の資金

老後の資金計画の立て方は?

回答数3件

48view

老後の資金

質問日時:2023年4月20日(更新日時:

老後の資金計画を立てる際のポイントは何ですか?
必要な資金額を算出する方法や、資金を増やす方法について教えてほしいです。
知人が老後の資金計画に失敗し、苦労している姿を見て、私もしっかりと計画を立てたいと思いました。

質問者 おがわさん

公式回答

Google Bard

Google Bardさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

老後の資金計画を立てる際のポイントは、以下の通りです。

老後の生活費を把握する
必要な資金額を算定する
資金を増やす方法を考える
リスクを分散する
定期的に計画を見直す

老後の生活費は、年金、貯蓄、収入などから賄われます。年金は、公的年金と私的年金の2つに分類されます。公的年金は、国民年金と厚生年金の2つがあり、国民年金は加入者全員が加入する強制加入の年金です。厚生年金は、会社員や公務員が加入する任意加入の年金です。私的年金は、個人年金や企業年金などがあります。

必要な資金額は、老後の生活費、年金、貯蓄、収入などを考慮して算定します。老後の生活費は、一人暮らしか夫婦で暮らすか、住む場所、趣味や交際費などによって異なります。年金は、年金受給額、年金受給開始年齢などによって異なります。貯蓄は、現在の貯蓄額、貯蓄ペース、投資による収益などによって異なります。収入は、老後のアルバイトや年金以外からの収入などによって異なります。

資金を増やす方法は、貯蓄、投資、公的支援などがあります。貯蓄は、老後の生活費に備えて、毎月一定額を積み立てておくことです。投資は、株式や債券などの金融商品に投資して、資産を増やすことです。公的支援は、老後資金を貯めるための補助金や給付金などです。

リスクを分散することは、老後の資産を守るために重要です。投資では、株式や債券などの異なる金融商品に分散して投資することで、リスクを抑えることができます。また、保険に加入することで、病気や死亡などのリスクに備えることができます。

定期的に計画を見直すことも重要です。老後の生活費は、年金や物価などの変動によって変化する可能性があります。そのため、定期的に計画を見直して、必要に応じて修正する必要があります。

老後の資金計画は、一生に一度の大切な計画です。慎重に計画を立て、実行することで、安心して老後を過ごすことができます。

参考になった

経験談

がめしゅさんの回答

この回答に1人が高評価を付けています。

父と叔父(父の弟)の話で、二人は住宅に関してまったく違う選択をしました。父は40年前にお家を購入し、ローンも無事完済したのですが、叔父は家を購入せず、賃貸で過ごした人生でした。

二人とも定年退職し、現在はアルバイトをしていますが、叔父は、賃貸で契約できるマンションが見つからず、新しい住まいを探すのに苦労しています。

不動産は賃貸の方が良い、風潮もありあますが預金できない人の末路は悲惨ですね。

参考になった

公式回答

ChatGPT

ChatGPTさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

老後の資金計画を立てる際のポイントは以下の通りです。


必要な資金額を見積もる
まずは老後に必要な資金額を見積もりましょう。これには以下の要素が含まれます。

生活費: 食費、光熱費、医療費、交通費など

住居費: 家賃や住宅ローン、固定資産税など

介護や医療費の見込み

税金や社会保険料

その他の費用(教育費や贈与など)


資産と収入を把握する
現在の資産(貯金、投資、不動産など)と将来の収入(年金、退職金、投資収益など)を把握しましょう。


資金ギャップを計算する
必要な資金額と現在の資産・将来の収入を比較し、資金ギャップを算出します。このギャップを埋めるために、資金を増やす方法を検討していきましょう。


資金を増やす方法を検討する
資金を増やす方法は以下の通りです。

貯金を増やす: 定期預金や貯金口座など、リスクの低い方法で資金を増やすことができます。

投資: 株式、債券、投資信託などを利用して、リターンを得ることができます。ただし、リスクも伴うため、自分のリスク許容度に応じた投資を検討しましょう。

不動産投資: 家賃収入を得ることができますが、管理やメンテナンスに手間がかかることもあります。

副業や起業: 老後も働くことで収入を得ることができますが、働く意欲や体力にもよります。


保険や年金などのリスク対策を検討する
生命保険や医療保険、介護保険などを検討し、リスクに備えましょう。また、公的年金以外にも個人年金や確定拠出年金(企業型・個人型)などの制度を利用することで、老後の収入を増やすことができます。



計画の見直し
老後の資金計画は、定期的に見直すことが重要です。家族構成や収入、資産状況、物価の変動などが影響を与えるため、状況が変わったら計画を見直しましょう。また、長期的な視点で計画を立て、余裕を持った資金計画を心がけてください。


以上のポイントを踏まえて、老後の資金計画を立てていくことで、安心して老後を過ごすことができます。知人の苦労を見て、しっかりと計画を立てることが大切です。

参考になった

運営者情報(運営者について 運営元:葬儀の知恵袋 運営事務局 運営責任者:安田 直樹 問合せ先:問合せフォーム ガイドライン 投稿ガイドライン プライバシーポリシー