トップ葬儀葬儀費用葬儀の見積もりは知識...

葬儀の見積りで知識がなくても理解できる方法は?

質問者は葬儀社に見積りを取りましたが、葬儀に関して何も知識がなく見積内容を理解できるか心配しています。簡単に葬儀の見積りを理解する方法はあるのでしょうか?

回答数8件

64view

葬儀の見積もりは知識がなくても理解できますか?

質問日時:2021年9月25日(更新日時:

葬儀社の見積もりで注意すべき点はありますか?何も知識がないので、心配です。知識がなくても何とか理解できるものなのでしょうか?もし理解が難しのであれば、どんな知識が必要なのでしょうか。

質問者 みひさん

公式回答

横田【家族葬ひびき県央】

横田【家族葬ひびき県央】さんの回答

回答者が「厚木市」で人気の理由とは?

この回答に1人が高評価を付けています。

"葬儀費用 見積もり 例"で検索しいくつか関連記事を見ると、基礎的な知識は身に付くと思います

参考になった

横田【家族葬ひびき県央】

神奈川県で葬儀社を経営しています。
県央エリア…家族葬ひびき県央 湘南エリア…家族葬ひびき湘南
葬儀前から葬儀後までワンストップにて対応しています。

葬儀社名 横田【家族葬ひびき県央】
住所 神奈川県厚木市寿町2-1-18 1F
電話番号 050-5225-6460(通話無料)
宗教・宗派 全宗教・宗派対応
葬儀料金 直葬・火葬式 :¥176,000〜(税込)
一日葬 :¥286,000〜(税込)
家族葬 :¥352,000〜(税込)
決済方法 銀行振込・現金・クレジット

「家族葬ひびき」は、神奈川県内で低価格の葬儀を行ってきました。利用料が安い公営斎場を利用することで費用を抑えて、低価格ながら高品質の葬儀を実現。専任のスタッフが、お亡くなりから葬儀後まで丁寧にサポートいたします。

電話で無料相談する

公式回答

ChatGPT

ChatGPTさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

葬儀社の見積もりを見る際に注意すべき点や理解しやすいようにするためのポイントをいくつかご紹介します。

全体の費用の内訳を確認する:
見積もりには、葬儀の各サービスの詳細なコストが含まれているはずです。棺の価格、運搬費、斎場の使用料、飲食費、僧侶へのお布施など、項目ごとに費用が明記されているかをチェックしてください。

オプションサービスの有無を確認する:
追加できるオプションサービスが何か、そのコストはどれくらいか、そしてそれが必要かどうかを考えましょう。例えば、ビデオ撮影、追加の花輪、特別な遺影などがあります。

見積もりの比較をする:
複数の葬儀社から見積もりを取り、サービス内容と価格を比較することが大切です。価格だけでなく、サービスの質や評判も考慮に入れると良いでしょう。

隠れた費用がないか確認する:
見積もりに含まれていない費用が後から請求されないか、特に確認が必要です。例えば、事後の手続き費用や追加の税金などが考えられます。

キャンセルポリシーを確認する:
万が一の事情で葬儀をキャンセルする必要がある場合のポリシーを確認しておくことも重要です。キャンセル料がどのように発生するか、事前に知っておくべきです。

葬儀社とのコミュニケーション:
葬儀社との良好なコミュニケーションは、理想的な葬儀を実現するために非常に重要です。疑問点や不安な点は、遠慮なく質問しましょう。

これらの点に気をつけて見積もりを確認すれば、専門的な知識がなくても大まかな理解は可能です。しかし、より詳しい理解を求める場合は、葬儀のプロセスや一般的な費用に関する基本的な知識を得ると良いでしょう。地域の葬儀文化や法的な規定にも精通していると、より安心して葬儀の準備ができるでしょう。

参考になった

公式回答

Google Bard

Google Bardさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

葬儀社の見積もりで注意すべき点
ご家族を亡くされた直後、葬儀社を選ぶのは大変ですよね。特に知識がない場合は、見積もり内容を理解するのが難しいと感じるかもしれません。

見積もりで 特に注意すべき点は以下の5つです。

内訳を確認する: 項目ごとに料金が明確になっているか確認しましょう。「葬儀一式」などといったまとめて提示される項目には注意が必要です。内訳がわからない場合は、必ず詳細を説明してもらいましょう。
オプション料金を確認する: 基本料金以外にも、様々なオプション料金が存在します。例えば、返礼品、料理、寺院への寄付などがあります。必要のないオプション料金が含まれていないか確認しましょう。
葬儀の流れを確認する: 具体的な葬儀の流れが説明されているか確認しましょう。例えば、搬送、納棺、通夜、告別式、火葬、埋葬までの流れが明確になっているか確認します。
不明点は質問する: わからないことがあれば、遠慮なく質問しましょう。葬儀社は、故人 and ご遺族の希望に沿った葬儀を執り行うために、丁寧に説明する義務があります。
複数の見積もりを取る: 複数の葬儀社から見積もりを取ることをおすすめします。見積もり内容を比較することで、適正価格かどうか判断しやすくなります。
見積もり内容は難しく感じるかもしれませんが、 葬儀社に丁寧に説明してもらえば、ある程度の理解は可能です。

もし理解が難しいと感じたら、以下のような知識があると役立ちます。

葬儀の種類: 一般葬、家族葬、直葬など、様々な種類の葬儀があります。それぞれの違いを理解しておくと、自分に合った葬儀を選ぶことができます。
葬儀の流れ: 葬儀は、大きく「搬送」「納棺」「通夜」「告別式」「火葬」「埋葬」という流れで進みます。それぞれの流れを理解しておくと、見積もり内容を把握しやすくなります。
葬儀に必要な物品: 棺、祭壇、霊具、返礼品など、葬儀には様々な物品が必要となります。それぞれの役割と相場を知っておくと、見積もり内容を判断しやすくなります。
葬儀費用の平均額: 葬儀費用の平均額は、地域や葬儀の種類によって異なりますが、ある程度の目安を知っておくと、見積もり内容が妥当かどうか判断しやすくなります。
わからないことがあれば、遠慮なく葬儀社に質問しましょう。 ご家族にとって最良の葬儀となるよう、丁寧にサポートしてくれるはずです。

参考になった

解決案

からまーぞふさんの回答

この回答に1人が高評価を付けています。

まずどの葬儀社での費用が変わらない項目(火葬料や休憩室料など)、と葬儀社によって変わる項目(人件費、搬送料など)、人数によって変わる項目(料理や返礼品など)、宗教者に払う項目というそれぞれの項目については、最低限理解をしておくことをおすすめします。

そもそもお金に余裕があって、いくらでもいいのであれば理解する必要もありませんが、、、、、、

参考になった

解決案

叙々苑さんの回答

小さなお葬式の家族葬プランは参考になります。
https://www.osohshiki.jp/plan/kazokusoh/

このページに記載があるプラン内容は、葬儀に必要な最低限の項目となります。

他の葬儀社に見積りをとり、この項目すら入っていなかったら必ず追加料金が加算されるので注意して下さい。

このプランを見た上で、下記の項目が必要となります。

火葬場の費用
式場の費用
参列者への食事代
香典返しなど、返礼品

これは、人数によって変わるので単価などを比べてみてください。

参考になった

続きを見る

解決案

mihunekkoさんの回答

もう昨年になりますが、ネットで探した東京葬儀という葬儀社に電話したところ思ってたより、値段が高かったため、断ろうと思ったのですが、担当の方から「もし、他の葬儀社も当たってもらって不明な点があれば、お聞きください。うちでなくても大丈夫ですから」と言われたので、半信半疑で他社の見積りを見せたところ、丁寧に説明くださり「ここ(見積を見せた葬儀社)であれば評判もいいので、安心してできると思います。」という言葉をいただきました。
利益にもならないのに、対応いただき本当に人徳がある担当者さんなのだな、と関心したので、記載させていただきました。
https://tokyosougi.jp/

参考になった

続きを見る

解決案

jm45gadさんの回答

当然ですが、葬儀社とやりとりする機会など葬儀の経験など人生で限られています。

なので、事前に葬儀の項目など勉強する時間がある人や、調べる事ご好きな人は調べて、見積りを細かく見て、他社と比べるのもいいかもしれませんが、大半の人がチンプンカンプンだと思います。

大事なのは、葬儀社の選び方です。
「50万以上は、払えない(払わない)」と名言する事で、葬儀社もそれ以内に必ず収めてきます。

葬儀社側も取りっぱぐれは、したくないので、、

参考になった

続きを見る

解決案

りょーこさんの回答

事前の知識は絶対必要だと思います。事前の知識なかったりして騙されてしまいました。見積もり時に詳し説明がなくて、多くのものを高い額でやらされました、音楽は、故人の好きな歌のジャンルだけ聞かれたのみで、生演奏の15万円をとられました。てっきりbgmだと思っていたのですが。そして、祭壇の花の説明も説明不足で余分なところまで花飾りあって60万円とられました。後で問い合わせると、しっかりパンフレットで説明したといわれたのですが、説明受けた3人とも記憶がないです。

参考になった

続きを見る

運営者情報(運営者について 運営元:葬儀の知恵袋 運営事務局 運営責任者:安田 直樹 問合せ先:問合せフォーム ガイドライン 投稿ガイドライン プライバシーポリシー