トップ葬儀葬儀費用市民葬儀について

市民葬は本当に安いのか?自治体が主導する市民葬の実態とは?

市役所のHPに掲載がある市民葬という自治体が主導する葬儀の枠組みですが、意外としらない方が多いです。実際はどのような葬儀内容なのでしょうか?

回答数4件

44view

市民葬儀について

質問日時:2020年10月4日(更新日時:

母が97歳で高齢なので、葬儀のことを色々調べています。
恥ずかしい話、あまりお金はないので某市の市民葬儀の制度を利用しようかと思ったのですが、記事などで、「市民葬儀は結局そんなに安くない」という表記をよく見かけます。
実際、普通に安い葬儀社さんに頼むのか、市民葬儀を行うのか、結局どちらが安いのでしょうか?

質問者 おむすびさん

公式回答

Google Bard

Google Bardさんの回答

他の回答を見る

この回答に2人が高評価を付けています。

お母様のことをお考えいただき、大変心苦しい状況ですね。市民葬儀と一般葬儀の費用比較は、ご事情によって最適な選択が異なるため、一概にどちらが安いかは断言できません。それぞれのメリットとデメリットを理解し、ご家族にとって最良の選択をすることが重要です。

市民葬儀のメリットとデメリット

メリット

費用が安い: 一般葬儀に比べて費用が大幅に抑えられるのが最大のメリットです。自治体によって異なりますが、火葬費用込みで20万円以下で実施できる場合もあります。
手続きが簡便: 葬儀社とのやり取りや見積もり作成などの負担が軽減されます。自治体が窓口となり、必要な手続きをサポートしてくれるので安心です。
形式がシンプル: 宗教的な儀式や装飾を簡素化することで、費用を抑えています。近年は、故人の意向に合わせてある程度の自由度が認められるケースも増えています。
デメリット

選択の幅が狭い: 葬儀社やプランの選択肢が限定されます。故人の希望や家族の意向に沿った葬儀が難しい場合があります。
格式が低い: 一般葬儀に比べて簡素な形式のため、格式を重視する方には不向きです。
追加費用が発生する: 市民葬儀のプランに含まれない費用は別途支払いが必要となります。例えば、通夜や告別式後の会食費用などが追加で発生する可能性があります。
一般葬儀のメリットとデメリット

メリット

自由度が高い: 故人の希望や家族の意向に沿って、葬儀の内容を自由に決めることができます。宗教儀式や装飾、参列者への対応など、細部までこだわることも可能です。
格式を保てる: 一般的な葬儀形式なので、故人に敬意を表した葬儀を行うことができます。
デメリット

費用が高い: 市民葬儀に比べて費用が高くなります。平均的な葬儀費用は100万円前後ですが、地域や葬儀社、プランによって費用は大きく異なります。
手続きが煩雑: 葬儀社との打ち合わせや見積もり作成など、多くの手続きが必要となります。
どちらを選ぶべきか

費用を抑えたい: 費用面を重視する場合は、市民葬儀が選択肢の一つとなります。ただし、追加費用が発生する可能性があることを考慮する必要があります。
自由度と格式を重視: 故人の希望や家族の意向に沿った葬儀を行い、格式を保ちたい場合は、一般葬儀がおすすめです。
最終的な判断

自治体の市民葬儀制度の内容
葬儀社に相談して見積もりを取る
家族で話し合い、費用、形式、希望などを総合的に判断
その他、費用を抑える方法

家族葬や直葬を検討する
複数の葬儀社から見積もりを取る
葬儀互助会への加入を検討する
参考情報

各自治体の市民葬儀制度
葬儀社のホームページ
消費者センター
市民葬儀制度は、費用を抑えたい方にとって有効な選択肢の一つです。しかし、デメリットも理解した上で、ご家族にとって最良の選択をすることが重要です。

参考になった

公式回答

ChatGPT

ChatGPTさんの回答

他の回答を見る

この回答に1人が高評価を付けています。

市民葬儀と一般の葬儀社による葬儀の費用を比較すると、市民葬儀の方が一般的には低コストであるとされています。市民葬儀は、地方自治体が葬儀社と提携して設定された協定料金に基づいて行われ、基本的には必要最低限のサービスを提供することで費用を抑えています。ただし、市民葬儀でも、プランに含まれないオプションサービスを追加すると費用が増えるため、実際の費用は選択するサービスによって大きく変わります​​​​​​​​。

市民葬儀のメリットは、費用が一般の葬儀に比べて安く抑えられる点にあります。通夜や告別式まで含めても、総費用が50万円以下になることが多いです。また、自治体が認めた業者しか対応できないため、一定のサービス品質を持った葬儀社を選ぶことができる点もメリットです。所得制限などがなく、亡くなった方や喪主のいずれかがその自治体の住民であれば、誰でも利用可能です​​。

一方で、デメリットとしては、祭壇や仏具が質素になりがちで、大がかりな葬儀には向いていないこと、必要最低限のサービスしか提供されないこと、指定された葬儀社しか利用できないことが挙げられます。追加サービスを利用する場合、結局は一般葬儀社と同等か、それ以上の費用がかかることもあります​​。

結局のところ、市民葬儀と一般の葬儀社による葬儀を比較した場合、どちらが安いかは、選択するサービスやオプションによって異なります。市民葬儀は基本的なサービスに限定されているため、質素な葬儀を希望し、追加サービスをほとんど利用しない場合にはコストを抑えることができるでしょう。一方で、特定のサービスやオプションを希望する場合は、市民葬儀と一般の葬儀社を比較して、総合的な費用とサービス内容を検討することが重要です。

参考になった

公式回答

この回答に1人が高評価を付けています。

東京葬儀と申します。

昭和のときから、金額が曖昧になりがちだった葬儀を一定金額で出来ますよという性質の国で作った制度なので、現在は各社、料金が明瞭化されていますので、特に区民葬を選ぶメリットは少ないかと思います。

参考になった

東京葬儀

東京葬儀は、一都三県に対応した葬儀社です。火葬式・家族葬・一日葬など、簡易的なお葬式から一般的なお葬式までご相談を承っております。

葬儀社名 東京葬儀
住所 東京都新宿区四谷4-33 四谷ビル1F
電話番号 050-5225-6426(通話無料)
宗教・宗派 全宗教・宗派対応
葬儀料金 直葬・火葬式 :¥198,000〜(税込)
一日葬 :¥396,000〜(税込))
家族葬 :¥524,000〜(税込)
決済方法 銀行振込・現金

口コミサイトでも高評価をいただいております。ご相談いただいても必ず当社で、ご依頼いただかなくても結構です。葬儀はわからない事だらけです。お気軽にご相談ください。

電話で無料相談する

解決案

ゆーとさんの回答

どの市なのか?にもよるし、どんな内容の葬儀を考えているか?によってだいぶ変わってくると思います。だから一概には言えません。
市民葬儀は「規格で最低限の値段が決められている」ので、逆にいうと値下げをしてくれることはありません。
とっても親切な葬儀社さんや、低価格で受けている葬儀社さんだったら、懇意で色々値引きしてくれてたりするかもなので、一度どこかに相談をしてみたらいかかでしょうか?

参考になった

続きを見る

運営者情報(運営者について 運営元:葬儀の知恵袋 運営事務局 運営責任者:安田 直樹 問合せ先:問合せフォーム ガイドライン 投稿ガイドライン プライバシーポリシー